本文へスキップ

東雲・辰巳・豊洲で塾をお探しなら「M-style(まなび-スタイル)」へ。教育のスペシャリストが創るこだわりの学習塾。

電話でのお問い合わせはTEL.03-6426-0246

〒135-0062 東京都江東区東雲2-10-47吾妻鋼業ビル2階

その他のご質問Q&A

←入塾に関するご質問トップページへ戻る→

家庭でどれくらい教える必要がありますか

 宿題は基本的に授業で実施した内容の復習と、次の授業への準備となる予習なので、
 ご家庭で教えて頂かなければならないことはあまりありません。

 とはいえ、現実的に宿題が解けない、というケースもありますが、ご家庭で教えて頂いても、
 結局は本人が解けるようにならなければ無意味ですので、何とか正解を取り繕って○ばかりの
 宿題ノートを見ても意味がありません。ですから、可能な限り、自分で解説を読み、それでも
 理解できないのなら、そのまま持って来させて頂いても結構です。

 また、授業の冒頭では確認テストを実施するので、仮に宿題の問題を解いても自分で解ける
 ようになっていないのなら評価はしません。結局、自分自身がやらないといけない、と自覚
 させることを第一にしていますので、保護者の方が手を離せるように指導していきます。


分からない部分の質問などは可能ですか

 はい、もちろん可能です。
 ですが、調べたり、考えたりしてきていることが前提です。
 白紙の答案で「分かりません」と言われても教えることはありません。
 「何が」「どこまでわかっているのか」を説明した上で質問をするように指導します。

 そして、調べる上で必要な資料・参考書は教室で準備をするので、
 授業以外の時間を有効に使って、勉強をして頂くことを推奨しています。


受験指導における模擬試験はどのように受験する予定ですか。

 【小学生】
  小学4年生:全国統一小学生テスト(四谷大塚)
  小学5年生:目標校シュミレーションテスト7月・10月・12月(首都圏模試)
        小5志望校判定テスト9月・1月(四谷大塚)
  小学6年生:@統一合判4月・7月・9月・10月・11月・12月(首都圏模試))
        A合不合判定テスト4月・7月・9月・10月・11月・12月(四谷大塚)
        ※小学6年生は志望校および成績によって@かAを選択
        ※難関校を目指す場合はSAPIXオープンの受験をして頂くこともご
         ざいます。
   その他、志望校別のオープン模試などは随時受験して頂きます。

 以上の中で必要に応じてご受講頂きます。


授業のない日に行っても良いですか

 はい、もちろん良いです。
 ただし、自習のスペースなどは空き状況によっては使えない場合があります。
 空き状況を確認し、事前に予約の上でいらして下さい。
 →利用料金は後日清算

 参考書、問題集、本などは数多く揃えていますので、
 授業がない日に来て勉強を行なうのに困ることはありません。


夕方から夜の時間にかけて授業がある場合の食事はどうすれば良いですか?

 授業が2コマ連続になるなど、長時間に及ぶケースでは、
 間に軽食の休憩をとることも可能です。
 その場合、15分程度の休憩時間を設定しますので、その時間内でお弁当を
 食べることになります。
 時間帯の打ち合わせをする際に、個別にご相談させて頂きます。

 ※お届け頂いても構いません。受付にてお預かりしてお子様にお渡し致します。
 ※量を多くしてしまうと、その後の授業に影響が出る可能性がございますので、
  軽めの量でお願い致します。
 ※お弁当の準備ができない場合はこちらで軽食を準備することも可能です。
  →事前予約・後日清算
 ※近くにコンビニエンスストア(ローソン)がございますので、そちらをご活用頂く
  こともできます。


授業を欠席した場合は振替して頂けますか?

 申し訳ございません。講師の都合で休講になった場合を除き、個別の事情で授業にご
 欠席された際の振替授業は実施致しません。
 また、大型台風・大地震などの自然災害によって授業の実施が困難または通塾に危険
 が伴うと判断される場合も休講と致しますが、この場合は原則、振替授業を実施させ
 て頂きますが、周辺の状況や被災の程度により振替授業を実施できない場合もござい
 ますのでご了承下さい。

講師はどのような方なのですか?アルバイトはいますか?

 運営母体となる諸葛正弥教育総合研究所は私学の教員研修などを専門に扱っており、
講師の育成と得意とする会社です。講師は非常勤講師も多く在籍していますが、いずれ
も厳選された人材で、教員志望者も多く、かつ定期的に研修を実施しながら研鑽を積ん
でいます。

大地震など、被災した際の対応はどうなっていますか?

教室に滞在し続けることが危険である、と判断される場合、
基本的には緊急避難先である東雲小学校への避難を優先致します。

なお、教室には飲料水と備蓄食料を数日分準備してあります。
また、毛布等の準備もございますので、建物内に滞在可能な状況であれば、
教室内にて数日間過ごすことが可能です。

通信機器の復旧が行われ次第、各家庭へご連絡を差し上げます。
また、代表のTwitterアカウントおよびFacebookページにて安否情報などを
発信しますので、ご参照頂けましたら幸いです。

←入塾に関するご質問トップページへ戻る→


information

学習教室M-style
(まなび-スタイル)

〒135-0062
東京都江東区東雲2-10-47
東雲ビル2階
連絡先
TEL.03-6426-0246
FAX.03-6426-0247