本文へスキップ

東雲・辰巳・豊洲で塾をお探しなら「M-style(まなび-スタイル)」へ。教育のスペシャリストが創るこだわりの学習塾。

電話でのお問い合わせはTEL.03-6426-0246

〒135-0062 東京都江東区東雲2-10-47吾妻鋼業ビル2階

先端科学探究プログラムSpecial Program

新しい時代の教育を見据えて

 平成31年度より指導要領が改訂されるというニュースはすでに多くの方が知っていらっしゃるかと思います。
 同時に、センター試験が廃止され、大学入試も大きく変化すると言われている中で注目されているキーワードがアクティブラーニングです。生徒が能動的に活動する学習形態全般を指す言葉ですので、それ自体が大きな課題ではないのですが、求められる学力観が変化するということが大きな問題となってくるのです。
 例えば、教科に留まった知識だけでなく、「数理探究」などの新しい教科に代表されるように、教科を横断する学力が求められたり、単に知識を知っているだけに留まらず、論述式の試験などで論理的な表現力、批判的な思考力が要求されるようになるわけです。
 そこで、まなびスタイルでは、探究教育をいち早く導入し、新時代の学力を伸ばすプログラムを開講致します。

講座概要

2017年9月より新規開講

 科学探究プログラム+プログラミング講座(+ロボット制作)
 →「科学探究」と「プログラミング」の講座が基本講座となっており、希望者の方にロボット制作を選択頂く
  講座構成となっております。

  1回目 2回目 オプション  
前半60分 プログラミング
教室
プログラミング
教室
※ロボット競技
ロボット制作

月2回実施
曜日・時間帯
は各自で設定
後半60分 科学探究
理科実験・ワーク形式
科学探究
表現・まとめ 

 ■オプション(ロボット制作)について
  任意選択なので、ロボットを受講しないことも可能
  教材「ヒューマンアカデミーのロボット教室」
    詳細はこちらをご覧ください。
    ベーシックコース・ミドルコース・アドバンスコース、と段階的にロボット制作へ取り組めます。
    レゴブロックを組み上げる感覚で制作ができるので、導入に最適です。毎月1体のロボットを制作
    していきます。

  その他の選択オプションについては別途、お問合せ下さい。

受講料金  月謝 備考 
基本講座
科学探究+プログラミング
12,000円/月 理科実験などの教材費込
1回2時間・月2回の受講料です。
オプション(任意)
ロボット制作
+7,500円/月

ロボット教室のみの場合は10,260円/月
ロボットのキットは別途購入
となります。(初回のみ)
基本講座とは別に
1回1.5時間・月2回の受講料です。
オプション(任意)
野外実習フィールドワーク
55,000円
(予定)
2泊3日の自然体験プログラム
5月と8月に実施予定

科学探究プログラム

体験学習イメージ

自分で考え、学ぶ原点として

 ロボットや人工知能が発展する一方で、私達人間も地球で生活する生物として、これまで以上に自然と向き合うことが求められることでしょう。これは決して無関心でいることはできないものであると同時に、自然科学の原点でもあるはずのテーマです。
 ですから、先端科学探究プログラムでは、教室でできる学習として理科実験を中心に取り上げますが、並行して自然科学に関するテーマの学習も取り入れて参ります。そして、フィールドワークとして実際に自然に触れ、観察する体験を通じて、机上の学習だけで終わらない、本当の意味での探究学習を行ないます。
 これらの学びを通じ、答えのない問いに向き合い、試行錯誤を通じて本質に近づこうとする思考力を養います。

科学探究プログラム(予定です)

9月

魚の解剖と漁業の未来

3月

生物の呼吸と二酸化炭素濃度

10月

岩石の観察と地質学

4月

熱の伝わり方と地球温暖化

11月

振り子の実験と物理学

5月

水にすむ生物と里山再生

12月

星座の学習と宇宙科学

6月

プログラミングとAIの未来

1月

冬眠する動物と生態学

7月

植物のつくりとバイオプラント

2月

ゼリーと寒天をつくる
(食品を科学する)

8月

生物多様性

(野外実習フィールドワーク)

野外実習フィールドワークでは、2泊3日の自然体験プログラムを実施予定です。(希望制・別料金)

プログラミングでは資格取得を目指します

体験学習イメージ

自分で考え、学ぶ原点として

 プログラミングについては、Scratchをベースとして非言語のプログラミングを扱います。これによって「論理的思考」「プログラミング的な思考」を養います。
 また、「ジュニア・プログラミング検定」の資格取得をもう一つの目標として設定します。現在、4級〜1級までの認定資格があり、プログラミング学習に対する明確な目標設定や、子ども達がどれくらいのスキルが身についたのか、を測る一つの指標とすることができます。 また、検定では技能だけでなく「スプライトやスクリプトの動きの追加」や「追加した動きを他人に伝える」設問もあるので、子どもたちの表現力の向上にも役立ちます。
 さらに、「ジュニア・プログラミング検定」の1級を取得後は希望に応じて「Javaプログラミング能力認定試験」など、高度な認定試験の受験もサポート致します。

 Viscuitでの制作例
 制作例1:リンゴキャッチゲーム(点数カウントの仕組み)
 制作例2:ロードランナーもどき

ロボット制作で身につけるもの

体験学習イメージ

仮説思考を鍛えるツールとして

 ロボットをテキスト通りに制作することで、まずは「テキストをきちんと読む」「注意深く観察する」といった能力を育てていきます。そして好きなことに熱中するという過程を経て集中力も養われていくことを狙っています。
 ただし、重要なことは制作をした先に、自分なりの工夫を加えていく点にあります。ロボット制作では単にテキスト通りに制作するだけでなく、改造することを大切にしています。改造を行なうと、不具合が生じ、その不具合を調整しながら、自分の考えた発想を具現化する面白さを体験して欲しいと思っております。

 しかし、改造は教えてしまっては台無しです。多くのお子さんが「改造のやり方を教えて」と言いますが、改造をこうやって変えれば良いんだよ、と教えてしまうと結局、考えることなくその通りになぞってそれで終わりです。あえてそこで突き放し、失敗しても良いので、自分なりの一工夫をしてくれることを指導の基本としています。

 単にレゴのようなブロックを組み上げて制作するロボットだけでなく、より高度なロボット制作のプログラムも用意しておりますので、お子さんの興味関心や技能に合わせてロボット制作に挑戦して頂けます。

開講予定クラス

土曜日、日曜日に開講します

 2017年9月から土曜日クラス、日曜日クラスの計3クラスを開講します。
 今後の講座の集まり具合や希望者によって、他の枠での開設も検討します。
 ロボット教室を追加する場合は、別途月2回のロボット教室を受講して頂きます。

【基本講座 科学探究プログラム+プログラミング】

クラス 土曜日クラス  日曜日クラス
時間帯 16:30〜18:30
月2回
18:30〜20:30
月2回 
18:30〜20:30
月2回
 
定員 6名  6名 6名  
対象 小学3年生以上  小学3年生以上 小学3年生以上  


【ロボット教室実施時間帯(オプション)】

  月曜日 火曜日 水曜日 金曜日 土曜日 日曜日
時間帯 17:00

18:30
16:30

18:00
16:30

18:00
16:30

18:00
14:00

15:30
9:30

11:00
         16:30

18:00
 

 ロボット教室は上記の枠の中から月2回受講して頂きます。

体験授業はこちらから
体験授業受付中!
 7月30日(日)18:30〜20:30
 8月 4日(金)16:30〜18:30
 8月11日(祝)10:00〜12:00
 8月12日(土)16:30〜18:30
 8月19日(土)18:30〜20:30

内容はいずれも同一です。
「種が飛ぶしくみとドローンの未来」+「プログラミング体験」
  テーマ:科学探究   ・・・飛ぶ種の模型作り、ドローンの飛行実験、ドローンが変える社会の構造
      プログラミング・・・迷路ゲーム制作


information

学習教室M-style
(まなび-スタイル)

〒135-0062
東京都江東区東雲2-10-47
東雲ビル2階
連絡先
TEL.03-6426-0246
FAX.03-6426-0247